「何をしたら良いかわからない・・・」ことへの対処法2021年6月30日

こんにちは、コリード甲府の稀代です。

この記事を読んでいるあなたは、何をしたらいいかわからないという不安を抱えていることと思います。
わかります。
私自身も、「何をしたらいいかわからず、不安になる」ことがあるからです。
では、「なぜ、不安なのか?」
それは、「何をしたらいいかわからないから」です。
ということは、「何をしたらいいかわかる」状態になれば、「不安はなくなる」ということです。
そんな不安を断ち切るべく、コリード甲府では、「しりとり法」というアイデア発想ツールを使った、
グループワークを行なっています。

【しりとり法とは?】
これは単純に、「何をしたらいいかわからない」という言葉から、しりとりをします。
例えば、「何をしたらいいかわからない」→イギリス→すし→しまうま→魔法使い→医者・・・
こんな感じでしりとりができたら、それを以下のような表に書き込みます。
左の列は「固定要素」として、今回のテーマである「何をしたらいいかわからない」を書き入れます。
右の列には、「変動要素」として「しりとり」で出たワードを書き込んでいきます。
さあ、これでアイデアの材料が出揃いました。これをもとに考えていきます。

【思いの具体化】
やり方は簡単です。1行ごとに、要素ごとの組み合わせから思い浮かぶことを具体化してみます。
例えば、「何をしたらいいかわからない」と「イギリス」なら、「海外旅行したいなぁ」とか「海外行くなら、外国語喋れるようになりたいなぁ」とかそんな感じでOKです。
これを2行目、3行目と順にすすめていくのです。

【やることの具体化】
最後は、「やること」の具体化です。
例えば、「海外旅行をしたい」とはいっても、今はコロナで難しいかと思います。
ですので、今はその準備期間と捉え、旅行を楽しくするための学習・資格取得に挑戦するのはどうでしょうか?
あるいは、「外国語」だったら、eラーニングで「中国語コミュニケーション検定」や「英語」をコリード甲府で学ぶことができます。
もしかしたら今後、今流行りのK-POPの波に乗るべく、韓国語も学べるようになるかも!?

こんな感じでアイデアを出していく。これが「しりとり法」です。
ここまでくれば、「何をしたらいいかわからなくて不安」という状態は脱したのではないでしょうか?
それでも、まだスッキリしないということであれば、コリード甲府で一緒に考えませんか?
スタッフ一同お待ちしております。

℡:055-288-0370
✉:info@colead-kofu.com